7/1からスタートした7pay(セブンペイ)に対する現状評価と不正アクセス問題について

スポンサーリンク
ニュース・トレンド
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

7月1日から全国のセブン-イレブンで独自のコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」が利用可能になりました。他のスマホ決済からすると遅い参入。

  • PayPay(2018年10月5日スタート)
  • メルペイ(2019年2月13日スタート)
  • LINE Pay(2019年2月13日スタート)
  • Alipay(2018年スタート)
  • WeChat Pay (2016年6月7日)
  • 7pay(セブンペイ) (2019年7月1日スタート)
  • ファミペイ(2019年7月1日スタート)

また7payだけでなく、PayPay、メルペイ、LINE Pay、Alipay、WeChat Payも7月1日から対応するなどスマホ決済対応が一気に進みました。 

使いやすさは?

アプリの対応OS

  • iOS 10以降
  • Android 5.0以降

チャージ方法

出典/Impress Watch (https://www.watch.impress.co.jp/img/ipw/docs/1193/610/html/s09_o.jpg.html)

店舗レジでチャージ出来ることで銀行連携などのものよりハードルが下がると思います。

一方、事前に登録できるクレジットカードとデビットカードが限定されており、非常に使いにくいと思われます。

<チャージ可能なクレジットカード一覧>

セブン&アイグループセブンカードとセブンカードプラス
セブンカードのゴールドカード
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン
JCB一部対象外のカードがあり
VisaMUFGカード
DCカード
三井住友カード
クレディセゾン
三菱UFJニコス
MastercardMUFGカード
DCカード
三井住友カード
クレディセゾン
三菱UFJニコス
ダイナースクラブ×
アメックス×

また3Dセキュアによる本人確認も必要です。

出典GMO Epsilon HP(https://www.epsilon.jp/service/option/3dsecure.html)

「7pay」 不正アクセス問題

出鼻をくじかれたセブンイレブン・ジャパン

出典/株式会社セブン・ペイHP(https://www.7pay.co.jp)

初っ端から不正アクセス問題が起こり、いきなり話題になってしまいました。なんで謝罪文がセブンカラー?

「7pay」 不正アクセスで中国人逮捕 組織解明へ

警視庁によりますと、2人は3日、新宿・歌舞伎町のセブンイレブンで「7pay」の利用者のIDとパスワードを不正に使い、電子タバコのカートリッジ20万円分をだまし取ろうとした詐欺未遂の疑いが持たれています。

決済を終えると「あとで商品を取りに来る」としていったん店を出ましたが、不正に使われた記録に気付いた利用者が、セブンイレブン側に相談したということです。

その後、戻ってきたところを、通報を受け駆けつけた警察官に逮捕されました。

警視庁によりますと、調べに対して張容疑者は容疑を認め、「通信アプリで指示されてやった。店に入る直前に7、8人分のIDとパスワードが送られてきた」と供述しているということです。

「7pay」は今月1日からサービスが始まりましたが、4日の時点でおよそ900人の利用者が不正アクセスの被害にあい、被害額はおよそ5500万円に上る可能性があると運営会社が発表しています。

引用 / NHK ニュースウェブ(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190704/k10011982871000.html)

スマホ決済対応では後発ですが、新規参入を拒まれて狙われた?

セブン&アイ独自のコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」における不正アクセス問題を受けて、すべてのチャージを停止。また、7payの新規会員登録も停止する。不正利用が疑われる人数・金額は、約900人、5,500万円(7月4日6時時点)。不正アクセスを受けた利用者には、「全てのお客様に全額保証することが基本原則」としている。

7月1日にサービス開始したばかりの7payだが、不正アクセスとそれに伴うクレジットカードからのチャージ、不正利用などを受けて、3日にクレジットカードとデビットカードからのチャージを停止していた。

さらに4日14時からは、店頭レジとセブン銀行ATMの現金チャージ、nanaco ポイントからのチャージなど、全てのチャージを停止。また、新規のユーザー登録も18時5分に停止した。ただし、すでに7payにチャージ済みの残高は、引き続き利用できる。なお、7payの登録者は3日間で約150万人。

引用/Impress Watch (https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000098-impress-sci)

2019年7月6日7時30分現在も利用停止中。

7payは使うべき?

わざわざQRコード決済サービスの先発であるPayPayやLINE Payから乗り換えるまでに至らないと思います。7月1日から他のスマホ決済対応だし、不要。「7pay」 不正アクセス問題が重し。

経産省は10月の消費増税に合わせ、現金を使わないキャッシュレス決済への5%(大手チェーンは2%)分のポイント還元策を始める。すでに参加する決済事業者の登録を始めているが、セブン側が再発防止を徹底できていないと判断した場合、セブンペイのポイント還元への参加を認めない方針。セブンはこの決済事業者にはまだ登録していない。

引用:朝日新聞デジタル(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000053-asahi-soci)

ますます魅力なくなりましたね。

小売業の特徴を出してお得なキャンペーンをどんどん打ち出してくる可能性が期待されていましたが、コンビニ系はファミペイ(同日2019年7月1日スタート)にシェア取られますね。ファミペイも一緒に敬遠されなきゃいいけど。

しばらくはセキュリティが怖くて使いたくないです。

7pay導入の裏側でnanacoのポイント還元率の改悪

出典/株式会社セブン・カードサービス(https://www.7card.co.jp/lp/plus/lis/index.html?argument=6veYU2rN&dmai=a5d13525f429ee&yclid=YSS.EAIaIQobChMIoZOG3vCe4wIVGreWCh0IDwOZEAAYASAAEgLhOfD_BwE)

7payはポイントがnanacoの2倍溜まるってお得感を煽っておいてnanacoのポイント還元率を2019年7月に1%→0.5%に下げられていました。

そしてクレジットカード付きのセブンカード・プラスもアウト!

nanacoを知らない人の為に説明すると、店頭やクレジットカードでお金をチャージし、チャージしたnanacoカードで支払えば、100円の支払いあたり1nanacoポイント(1円相当)が溜まり、次回以降の支払いでこれを使えるという仕組みでした。(ポイント還元率は1%)

おわりに

  • 強みは店舗のレジでチャージできるトコ。
  • 7payはnanacoのポイント2倍ってお得感を煽っておいてnanacoのポイント還元率は、2019年7月に1%→0.5%に下げられていた。
  • 「7pay」 不正アクセス問題により利用してもしばらくは恩恵が小さくなりそう。
  • しばらくは怖くて使えない。(イイものならイイ!と周りに勧めたいのでまずはセキュリティーの強化をして欲しい。今は無理。


金融・投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました