私が株ブログを作ってやりたかったこと

スポンサーリンク
ブログ運営
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

何で株ブログを始めたの?ってよく聞かれるのでお答えします。スタートはBookmarkにいろんな投資情報サイトが溜まっていってほとんど見ないことを問題視したからです。簡単にいうと投資に関するサイトのBookmarkの断捨離です。

私の一元管理の変遷

Bookmarkで管理

元々Bookmarkしたのはよく見る投資情報サイトを登録してアクセスしやすくする為だったはずなのに全く見ないサイトが多過ぎました。本当に「コレなんだっけ?」ってなってしまうレベル。bookmarkのリストは文字列だけですから。

i-phoneのホームアイコンでの管理

写真/私のi-phone画面1

そしてスマートフォンの誕生によってウェブページをホームアイコンに出来るようになりました。これは画期的だったんですが、またBookmarkと形は変わってもこのように溜まっていってしまいました。(上の写真は当時の再現です。)

写真/私のi-phone画面2

整理しようとしてアイコンをこうやってまとめていっても最終的には見なくなるサイトが多かったのでBookmarkとあまり変わりませんでした。やはり下のフォルダに行くほど見なくなるんですね。しかもここは2ページ目。(上の写真は当時の再現です。)

twitter

そこでtwitterを開設してみました。実はいろんな人がつぶやいている株の情報を見るためじゃなかったんですよ、これが。自分でツイートして、よく使うサイトをワンタッチで見る。でもそんなtwitterにも欠点がありました・・・。

  • 過去のツイートは下にいってしまう。
  • プロフィールに固定できるツイートはたった1つ。
  • Twitterの文字数制限が当時は140字でサイト名とリンク貼ったら終わり(今は280文字に拡大)
  • 当時は埋め込みがなかった。

当時は文字数制限が140字でした。だからサイト名とセンテンス型(文字だけ)のリンクを3つくらい貼ったらおしまい。プロフィールのツイート固定でサイト名とセンテンス型(文字だけ)のリンクを3つくらいつぶやいた自分のツイートに返信をしてまた3つ、そしてまた3つ。

結局、返信ツイートを見るのに閉じられている返信を開かなきゃいけなくて開かなくなっていきました。たしか全部で18サイトくらいありました。①、②、③って番号を振っていくと⑩までしかないし、⑩は1文字カウントだけど11からは2文字カウントになっちゃうとか結構緻密にやってましたよ、昔。

株ブログ

今ココです。ブログだとワンタッチで見たいサイトを見れるし、センテンス型(文だけ)から埋め込み型に出来るようになりました。一旦ははてなブログで作ったけど、wordpressで本格的にブログをスタートする為にお引越し。noteとも迷いましたけどね。今はこんな感じ。

写真/投資に役立つサイト for 株式トレーダーより

下のリンクのブログページをホーム画面のアイコンに追加していただくと、ワンタッチでサイトを開くことが出来ます。

当初、自分の一元管理用に作っていたのですが、全部無料で提供されているものをまとめただけなので色んな方に是非ご活用いただけたらと思います。

スマートプラス証券の株アプリ「stream」のタイムライン用

元々の用途は上で挙げた一元管理用で目的はほぼ達成だったんですが、自分の中で新たな用途が出てきました。

私が使っているスマートプラス証券の株アプリ「stream」はタイムラインがあるのが特徴ですが、今のところ画像を貼ることが出来ません。

実はスマートプラス証券が出来る前からどういう機能の株アプリが欲しいかという事に関して事前調査受けていた1人で「画像を貼って話をしたい」という要望を出していました。でもコンプライアンス上、やはりハードルが高いのか今の所実現しておりません。

でも本当に画像が必要なら画像貼ってツイートしてるtwitterのリンクやブログを組み合わせればいいし、直接的には画像が貼れないけど間接的に画像を貼って話を進められると思いました。

そして一元管理用のリスト以外に文章を書いたんですが、ブログとしては粗悪でした。文字数も400字くらいで内容としては薄い。でも見てくれている人が結構いる。ヤバい、ちゃんとしたのを書かなきゃ。ということでGWはブログの書き方、ネット用語、プログラミングなどを勉強してました。

まだ勉強することは多々ありますが、頑張って続けていきたいと思います。

おわりに

  • 実はワンタッチでよく見るサイトリストを作りたい!っていう目標はほぼ達成。
  • ブログを書きつつ、実はネット用語、プログラミング、銘柄の知識などかなり勉強になっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました